journal

  • 2016.11.22

    untiers 2016下半期ベストコスメ発表メイクアップ部門総評

    生命力や女の色華を引きだす色と質感が台頭 

    下半期のメイクシーンをおおいに賑わせたのがボルドーやコッパーといった深い“赤”。

    ブームのその裏にあるのは“薄膜のツヤ”にこだわったベースメイクトレンドだ。

    みずみずしく濡れたようなツヤ肌には、女としての生きる力と温もりが必要だから。

    untiersが心惹かれたのも、色華と官能性、そして洗練された印象を与える

    マット系の“赤”のバリエーションだ。クラシカルなニュアンスが楽しめる

    アイライナーやアイカラーはファッショントレンドを意識した結果。

    とにもかくにも2016年下半期は、女の感性に深く共鳴する上質な“赤”のあたり年。

    誰もがきっと運命の“赤”と出会えるはずだ。

    ●安倍佐和子●